SUPER-CANOMATIC LENS とは何者

キヤノンのR用50mmF1.8です。当時の最新技術だった完全自動絞りをうたったのがSUPER-CANOMATICということでした。ニコンだったらミラーの横にあるレバーに強力なスプリングがかけてあって、レリーズと同時に作動するのが、こちらはレンズ側にあるというだけでした。
望遠レンズの時に効率的になると考えたんでしょうか。でも結局FLになって他社と同じようになりましたので、あまりメリットがなかったんでしょうね。
このレンズ自身は、後ろ玉が曇っていたので、拭いたらきれいになりました。