NIkon 135mmF2.8 絞りべたつきの復活と中華工具

雑談でアリババで見つけた中国製カメラ分解工具の紹介と、ニコンのAiになったばかりの頃の135ミリのジャンクの紹介です。工具はカニ目レンチがガタが大きいぐらいで後はよくできていました。激安価格が魅力でしょうか。135ミリは絞り不良ということでジャンク箱行きでしたが、羽根油のみで他は壊れていないようです。羽根はきれいに動くようになりました。放送後少し組み進めてみましたが、絞りの上の謎のリングは、ハレーションカットと思われますが、外せるようにしておいて組み込みの時に邪魔にならないようになっていました。