ヤシカ セクエル 単純だがデリケート

ヤシカ セクエルの続きです。レンズはトップカバーを少しずらして組み立てることにより、前側からのネジで組みあがることがわかりました。ストロボ時は絞りだけをセットし、普段はライトバリューにより、絞りとシャッターの組み合わせが1通りで決まるメカニズムでした。あとは自作の接点部品です。次回までに電動メカを調査しておこうとおもいます。ちなみに絞りの動きが変だったのは、リングから爪が外れていました。