ミノルタ ユニオマット 【uniomat】

ミノルタ ユニオマット 【uniomat】

 

概要

 

ミノルタユニオマット/アンスコセットシリーズ

追針合致式セレン露出計と手動プログラムシャッターを搭載した普及機。露出計の指針を参考に手動でプログラムシャッターを操作する方式で、自動露出ではない。いずれも搭載しているシャッターはシチズンオプチパーユニで、最高速度は1/1000秒にも達しEV18までの明るさに対応する。しかし当時は高感度のフィルムがなく、プログラムシャッターでは使用頻度が限られていたため、後のハイマチックでは1/1000秒シャッターは廃止された。アメリカアンスコブランドで製造販売されたものはアンスコセットという名前で、国内版には存在しないCdS露出計を搭載したものもあった。

  • ユニオマット(1960年5月発売) – 装着レンズは3群4枚テッサー型のロッコール45mmF2.8。
  • ユニオマットII(1961年10月発売) – デザインの小変更に留まる。
  • ユニオマットIII(1964年6月発売) – セレンがリング状になるなど大きく改良された。

 

goo

ミノルタ ユニオマットⅡ 使用説明書

 

 

関連記事

  1. OLYMPUS-PEN D, D2, D3のシャッタースピード計測結果…

  2. オリンパス オリンパス35DC【OLYMPUS 35DC】

  3. CONTAX Tvs 取扱説明書

  4. Nikon Nikkor 50mm f/1.2の取扱説明書

  5. ミノルタ ハイマチック7s【Hi-matic7s】

  6. ヤシカ エレクトロ35GT 【erectro35GT】

 


Search Camera Tools on eBay